2008年04月04日

火を使うと言う事

先日、同僚と話したところ、小学生の高学年にもなると、
お母さんがいなくても、お昼ご飯は自分で作って食べるそうです。
例えそれが、インスタントラーメンのような簡単なものであっても
自分でお湯を沸かして作るという行動が出来る。
ある程度の年齢なら当たり前の事なんでしょうけど、春の場合、
一人で火を使って料理をした事がありません。

誰かが一緒にいる時なら、玉子焼き(スクランブルエッグ)や
インスタントラーメンなどは作った事がある春。
先日、お昼ご飯の話をしていたら
「自分でスクランブルエッグを作って食べておくから」と言う春。
もちろん、私は仕事でいない時の事です。

「えっ?ちょっと待って」
不安になった私。
結局、冷蔵庫に残っているものをお昼ご飯のおかずにしてもらいました。

主人に話すと、「いつかは一人で火を使う事になるから」
なんて。。

私もそれは分っているつもり。だけど。。
まだ早い?それとも、もう遅すぎるくらい?

もうすぐ高校3年生。
あと1年で社会人になる予定の春。
母親の私の方が今、焦っています。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
ランキング参加中♪
ポチっとお願いします。
posted by ともち at 21:16| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜ、引きこもりなどになりやすいのか、その予防策の一つを、我流で探ってみました。
Posted by 田舎暮らしファン at 2008年04月05日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92253295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。