2008年04月04日

火を使うと言う事

先日、同僚と話したところ、小学生の高学年にもなると、
お母さんがいなくても、お昼ご飯は自分で作って食べるそうです。
例えそれが、インスタントラーメンのような簡単なものであっても
自分でお湯を沸かして作るという行動が出来る。
ある程度の年齢なら当たり前の事なんでしょうけど、春の場合、
一人で火を使って料理をした事がありません。

誰かが一緒にいる時なら、玉子焼き(スクランブルエッグ)や
インスタントラーメンなどは作った事がある春。
先日、お昼ご飯の話をしていたら
「自分でスクランブルエッグを作って食べておくから」と言う春。
もちろん、私は仕事でいない時の事です。

「えっ?ちょっと待って」
不安になった私。
結局、冷蔵庫に残っているものをお昼ご飯のおかずにしてもらいました。

主人に話すと、「いつかは一人で火を使う事になるから」
なんて。。

私もそれは分っているつもり。だけど。。
まだ早い?それとも、もう遅すぎるくらい?

もうすぐ高校3年生。
あと1年で社会人になる予定の春。
母親の私の方が今、焦っています。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
ランキング参加中♪
ポチっとお願いします。
posted by ともち at 21:16| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。