2008年02月05日

療育手帳の更新

先週の事ですが、療育手帳の判定に行ってきました。
大阪府の発行している療育手帳は3年に一度、
更新の為の判定というものを受けなければいけません。
そこで、現状と同じ段階か、また少し上の段階になるかが
決められます。

春の判定はこれで3度目になります。
最初はB2。一番下の段階=軽度です。
そして次もB2。さて、今年は?

判定を受けている間、親は別室で、チェックシートのような
冊子を渡され、そこに書いてある行動が出来るか、出来ないかの
○、×を記入していきます。
それも判定の材料となる大事な作業の一つですが、記入時に
かなり悩んでしまいます。
そんな時は△を付ける私(^^;
後でしっかり聞かれてしまいますけど。。

全ての判定が終わってから、判定士さんとお話。
「15分待ってもらえれば判定結果がわかる」とのことで
15分間待たせてもらって、結果を聞かせていただきました。

そしたら。。
今回の判定結果。
ボーダーに近い所にあるものの、前回と同じB2になるそうです。
一番出来ないところは小学生低学年くらい、出来るところは中学生くらい。
以前から、発達にばらつきがあるとは聞いていたものの、
そんなに差があるなんて。。

また、大きくなるにつれ、実年齢との差も広がってきているため、
次の更新の判定時には、もう1つ上の段階B1になりそうだとか。。
親としては本当に複雑な気分です。

でも、次の更新は20歳。
成人してからと言う事のようですが。。
それまでに伸ばせるところは伸ばしてやりたい。。
そう思う母でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
ランキング参加中♪
ポチっとお願いします。
タグ:療育手帳
posted by ともち at 17:21| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。